Get Adobe Flash player

Japanese texts

The person I will never forget – 一生忘れられない人

Scan 1 The person I will never forget would have to be my great grandmother. The truth is I have many people I won’t forget, but the memory of my great grandmother is forever carved into my memory.

One day in August 2015, while I was living in Japan, I got a phone call from my mom back in Norway, she told me she had some sad news. My beloved great grandmother had passed away. She has taught me a lot about life.

Apparently, her heart stopped while she was sleeping, so at least she didn’t feel any pain. During the same year she turned 100 years old, which I think is an amazing age. During my childhood I always told her “please live a long healthy life and become at least 100 years old. Because if you do that we can laugh together, make memories and enjoy each others company!”. She made me a promise to become at least 100 years old, and in the end she kept that promise.

My family lives in different cities here in Norway. My great grandmother lived in a small place far north in Noway, therefore we couldn’t meet besides summer holiday and Christmas. The flight from Bergen to Mehamn is around the same price as from Norway to Japan. I used to go to Mehamn every summer and stay at her house. She gave me life lessons like: “even when you don’t have anything, be grateful. In these periods there is too much materialism, even if you have a lot stuff you are not necessarily happy.” She lived a tough life, she was always bright, cheerful and positive. She was a truly a good human being.

I regret that I wasn’t able to meet her before she passed away. There are no words to express my gratitude towards her kindness, I’m really sad that I couldn’t tell her goodbye.

一生忘れられない人は曽祖母です。実はたくさん忘れられない人がいるけれども、曽祖母のことは私の記憶に刻み込まれています。

2014年8月日本に住んでいる間に、ノルウェーから電話がかかって来て、母は私に悲しいニュースを伝ました。それは、私の大好きな曽祖母が亡くなってしまったという内容の話でした。曽祖母は若い時からたくさん良い経験をさせてくれました。

曽祖母は寝たまま心臓が止まったそうなので痛みはありませんでした。同年の3月に100歳になり、その歳まで生きれのがすごいと思います。子供のころ、私は曽祖母によく「100歳以上長生きして下さい」と言っていました。そうすれば、一緒に笑ったり、良い思い出を作ったり、たくさん遊んだりできるからです。曽祖母は絶対100歳になることを約束して、結局その約束を守ってくれました。

ノルウェーで私の家族は曽祖母と別の街に住んでいます。曽祖母は最北端に位置する街に住んでいたので夏休みかクリスマスしか会えませんでした。ベルゲンからメハヴンという街までの航空券の値段はノルウェーから日本までと同じくらいです。子供の時毎年の夏にはメハヴンに行って、曽祖母の家に泊まりました。色々なことを教えてくれました。例えば 「お金が欲しい時も物がない時も感謝しなさい。今の時代の物質主義がはびこって、たくさん物があっても必ずしも幸せとは限らない」と言われていました。貧しい生活だったのに、曽祖母はいつも朗らかで前向きな人でした。本当に最高の人だったと思います。

残念なことに、死に目に会えなかったことです。いくら感謝してもたりません。さよならを言うことができなくて本当に残念です。今は幸せ所にいると思います。

Scan copy

Signatur

Myself in 10years – 十年後の私

Myself in 10years

It’s kind of hard to imagine myself in 10 years, but I will try my best. img_4122

In 10 years I will be a special kind of vampire, but before I became I vampire I gave birth to a beautiful blue-eyed daughter. When I say special vampire, I mean the type of vampire that can go out in the sun and don’t show any sign of aging. As an immortal I will get a lots of various experiences and opportunities to see first hand how eras change, which is the reason why I wanted to become a vampire in the first place.

I have been living in a Japanese city for 5 consecutive years now. Here I’m living a happy life with my husband and our daughter, with a night view of the city below from our penthouse windows. For a foreigner, my

For 5 consecutive years I have been living in a Japanese city, from our penthouse I have night view of the city below living happily with my husband and our daughter. For a foreigner, my Japanese have become very good. Just as I do now, I will have teacup poodles, maybe two or three, my daughter just like myself loves animals so we also have a pet that she choose herself. After my daughter was born I became a full time stay at home mom, but before that I was working for a translation company where I could manage my own schedule. While doing that job, I could wear cute clothing of my liking while meeting many interesting people.

This might just me my own imagination and wish thinking.

十年後の私

十年後の私は想像しにくいですが、できるだけやってみたいと思います。

十年後の私は特別なヴァンパイアになっていますが、その前に美しく青い目の娘を産みました。特別というのは太陽の光を浴びても外に行けるヴァンパイアのことです。ただし体が年寄り染みているということではありません。不死身になったので未来の色々な経験ができるし、時代の変化も見ることができます。それで私はヴァンパイアになりたかったのです。

5年間日本のとある街に住んでいて、ペントハウスから大都会の夜景を見下ろせる家に旦那と娘と幸せに暮らしています。外国人にしては日本語が上手になりました。今と同じようにティーカッププードルがいて、二匹か三匹を飼っています。娘もママと同じように動物が大好きなので自分で選んだペットも飼っています。娘が生まれてから専業主婦になりましたが、その前は自分のスケジュールに合わせられる翻訳会社に勤めていました。その仕事をしている時はオシャレな服を着られるし、色々な人にも会えるので面白い仕事だと思っていました。

これが私の望みであり想像ではないでしょうか。

Signatur

The reason why I study Japanese – 日本語を勉強している理由

The reason why I study Japanese

I think a lot of people that study Japanese are interested in manga and/or anime. Personally, I have no interest in it. The truth is, however, that when I was 14 years old a friend of mine recommended an anime called “Chobits”, I wanted to watch it with English dubbing, but I could only find the subbed version, which I didn’t really like at first. I had already told my friend I would give it a try, so I figured I might as well just watch it. While I was watching “Chobits” I found the Japanese language to be quite interesting and started to look up various things about Japan.

When you compare Norway and Japan they give you completely different vibes and impressions. There are many different and interesting aspects to Japan. For example, not only traditional views like customs, social welfare, food culture, but also youth culture and fashion. Fashion is one reason why I’m interested in Japan. I think Norwegian girls dress very badly, they are always wearing dark colored clothing. Part of the reason may be due to the cold climate here, but if you’re really into fashion you’ll wear what fits your style, regardless of the weather.

The reason why I started to learn Japanese was because a friend recommended the anime “Chobits”. Mars outfit

日本語を勉強している理由

日本語を勉強している人たちの多くは、アニメか漫画に興味があるそうですが、私は興味ありません。でも、実は14歳の時に、友達がちょびっツというアニメをおすすめしてくれました。吹き替え版を見たかったのですが字幕版しか見つからず、それを最初に見たときはあまり好きではありませんでした。友達に見ると約束していたのでみておこうかなと思いました。ちょびっツを観ていたらこの言語はけっこう面白いと思ったので少しずつ日本のことを調べました。

ノルウェーと日本を比較すると印象が全く異なり、日本にはたくさん面白いことがあると思います。例えば、習慣や社会福祉や食文化のような伝統的なことだけではなくて、ファッションや若者文化などのこともあげられます。ファッションが大好きなのでそれだけで日本が好きです。ノルウェーの女性はあまりオシャレ をしないと思います。いつもカジュアルな暗い色の服を着てばかり、それは気候のせいかもしれないけれども本当に好きならどんな天気でも自分のスタイルに合ったものを着るべきです。

要するに、私が日本語を勉強し始めたきっかけは友達にちょうびっツを紹介してもらったことでした。

Signatur

作文: 自己紹介 – Self introduction

自己紹介Pre Halloween 2015
はじめまして。私の名前はウルリケですが、ユリと呼んで下さい。誕生日は4月12日なので、もうそろそろ25歳になります。1年間看護専門学校で勉強をして、その後在宅医療の仕事をしました。でも今その仕事はやりたくないです。外国語を学ぶごとは楽しいと思いますが、難しこともいっぱいあります。将来のために日本語の勉強をしています。なぜかというと、卒業したら日本で働きたいからです。日本でアルバイトや仕事をしたことないですが、モデルは何回もやったことがあるます。寒がりやだからノルウェーの気候は私の体質に合わないです。

飼っているティーカッププードルのりなちゃんは日本に住んでいた時に買いました。2013年日本に引っ越して、そこで1年間半ぐらい住んでいました。東京はとてもにぎやかな町だと思ういます。
ファッションが大好きなのでそれだけの理由で日本に戻りたいです。渋谷ギャルとはお互い理解し合えます。ゲームをするのが好きだから毎日3時間くらいゲームをします。

週末には家でゆっくり休んでることが多いです。他にも、例えば友達の家に行ったり、一緒にご飯を作ったりします。

それでは、よろしくお願いします。

Nice to meet you. My name is Ulricke, but please call me Yuri. My birthday is 12th of April so I’m soon turning 25 years old. I studied at nursing school for a year, then I worked in home health care service. However I don’t want to work in the health care sector anymore. Studying foreign languages is fun, but it also has a lot of challenging points. I’m currently studying Japanese for my future, because after graduation I would like to work in Japan. I dont have any real work experience in Japan beside modeling several times. The climate in Norway doesn’t suit me well, as I’m often cold and freeze most of the time.

While in Japan, I bought my teacup poodle named Rina. I moved to Japan in 2013, and lived there for about a year and a half. I must admit, Tokyo is a really lively and busy city to live in.

I love fashion, and that’s also one of the reasons why I want to return to Japan. I’m more free to dress the way I want. I love video games, and usually play for about 3 hours a day.

During the weekends I usually stay home and relax. Of course I do other things to, like going to friends houses and make good food together.

Signatur

新しいネイル – New Nails

今週の始めにノルウェーに帰って来てから初めて新しいネイルセットを作った。今回はブラックとシルバーのゼブラみたいなデザインをやった。

11004307_10153083429405903_1766897870_n

実はもっと長いセットを作りたかったんだけど、この長さでさえノルウェーでは超長いよ。さらに、みんなは私によく「どうやってその長い爪で日常生活をするの?」と聞かれるけど、本当はあまり難しくはないのだと思う。人生のあらゆることと同じように慣れないことなんてあるだろうか?ノルウェーの女性はあまりネイルを気にしない。たまにネイルポリッシュやフレンチマニキュアをする程度。正直なところ、日本に引っ越す前は私も一緒だったよ。

日本に引っ越してたのが2013年の夏で、初めてネイルサロンに行ったのは多分そのニ月後ぐらいだったかな。ネットでサロンを調べて、「Nail Carry」という渋谷のギャルの間で有名なサロンを選んだ。なぜかというと、私もギャルのファッションが大好きなのでそのネイルサロンに行くのが一番いいチョイスだと思ってたから。「Nail Carry」のネイルアーティストは本当にきれいなネイルを作ってくれたので、その日をきっかけスカルプネイルが好きになったんだ。

そのサロンに何回も通って新しいネイルデザインを頼んで末に半年くらい経って自分でネイルを作ってみようと思った。なぜかというと一ヶ月で古いネイルを取り除いて新しいネイルを作るには、15.000円から20.000円ぐらいかかって、5.000円や8.000円ならまだしも13.000円以上なんて毎月払いたくないから。最近ネットで作り方の本を読んだり動画を見て見た目より難しいことが分かった。何か月も練習したおかげで、だんだん結果は良くになってきた。今でもまだ完璧ではないけど、独学で勉強してきて良い出来になってきたと思う。自分でサロン並みのネイルを作りたい。どんな困難があっても 最後までやりぬく覚悟だ。将来はネイルの専門学校で勉強をしたい。ネイルアーティストになれたらどんなにうれしいことか。

Earlier this week I made my first pair of new nails since I came back from Japan. This time I went for a black/silver theme. I actually wanted to make the nails even longer, but even at this length they are considered very long for Norwegians. I often get questions from people how I´m able to function in daily life with so long nails, but to be honest I don´t think it´s especially hard and you get used to it, like everything else in life. Norwegian girls don´t bother with their nails to much, maybe a little nail polish and a french manicure at some rare occasions. To be honest, I was the same until I moved to Japan…

I moved during the summer of 2013, and had my first visit to a nail salon a couple of months after. I decided to go to a salon named “Nail Carry” which is a well known salon among Shibuya girls. The nails where gorgeous and I have been hooked on long nails since that day. I kept going back for new designs for months, but after a while I decided I wanted to master this art on my own. Going to a salon for a new pair of nails and removal of the old set would usually cost be somewhere between ¥15.000 – ¥20.000 which is around 900-1200 Norwegian Krone. I started reading online and watching “How to do” movies and I must admit it´s much harder than it seems. I kept trying and failing, slowly getting a little better with each try. Even today it´s far from perfect, but considering I´m completely self taught I think the outcome is quite ok! I hope in the future I will get a chance to go to nail art school and officially be able to call myself a nail technician.

Zebra nails1

 

Signatur

日本に戻りたい – I want to return to Japan

1ヶ月以上前にノルウェーに帰って来ているんだけどその間私の機嫌はあまりよくない。毎日が楽しいはずなのに、気分が滅入ってならない。。。今若者向けの喫茶店でバイトやってるんだけど私と店長の関係はめちゃくちゃ悪いので会う時不安が多い。他の仕事探してるんだけど、今ノルウェーでは若者が仕事やバイトを見つけるのは難しくて大変だ。まあ、これからも頑張ろう!

バレンタインだったので私と祖母一緒に買い物したよ。下記の写真はその日のコーディネートだよ!

It´s been little over a month since I returned to Norway and during this time I haven´t been in a very good mood. I should be positive and have fun each day, but I can´t stop being depressed. I´m working on a cafe targeting the younger generation, but my relationship with my boss is not good and when we meet there is a lot of negative tension between us. I´m searching for other jobs, but it´s currently very hard for the younger generation to find jobs in Norway. Anyways, let´s do our best.

On Valentines day me and my grandmother went shopping. The following picture is my coordinate from that day.

10994693_10153076869390903_273612346_n

10997218_10153076869395903_413473384_n

10984773_10153076869380903_623678005_n

Signatur

My pastel ferret Yuuta

一年前以上前に買ったフェレットのゆうたくんのことをまだ紹介したことがなかったね。「フェレットワールド」というのはフェレットの専門店。東京には三つフェレットワールドがあるんだけど私は中野の店でゆうた君を買った。もしフェレットを見てみたいとか、フェレットの飼い方についての質問があれば、その店に是非行ってみて下さい。ゆうたくんは本当にいい子で、小さいころから人を噛んだことがない。

I realised that I haven´t introduced my pet ferret Yuuta, which I bought over a year ago. He comes from a ferret speciality store here in Tokyo named “Ferret World”. If you are living in Tokyo and is considering getting a ferret I would really recommend going there over regular pet shops. He is the sweetest ferret I know, since I first bought him he has never bitten me nor strangers.

DSC_5550

DSC_5523

Signatur

作文: お金は一番大切か

お金は一番大切か

1185431_549847438396324_151581788_n

私にとってお金は一番大切ではない。なぜなら、私にとってお金以上に大切なものがあるからだ。お金持ちと大金持ちが全て幸せに暮らしているとは限らない。もちろんお金があれば生活は楽になるに違いない。私の気のせいかもしれないが、お金持ちの人は依存心が強いようだ。なぜかというと、両親からずっとお金をもらっていて自立できていないからだ。

私にとって一番大切なのは愛だ。これを日本人に言うと、みんなほとんど反対意見を言う。私は愛があるからこそ幸せな生活ができると思う。なぜなら、楽な時にも辛い時にも相手がいると一緒に頑張ることができるし助けてあげることもできるからだ。これはノルウェー人の考え方かもしれない。例えば、きつい週だったとしても、彼氏の声を聞くとすっきりして元気になる。

今は両方ないけれど幸せな生活をしている。本当に良い友達がいるし一番良い日本語学校で勉強しているから。

以上のような理由で、私にとってお金は一番大切なものではない。

Signatur

意見文: 恐竜が吼えたか

恐竜が吼えたか

私は恐竜が吼えたかどうかよく分からないが、教科書に書いてる文章 「恐竜は吼えたか」を読んでも私の意見は変わらなかった。もし恐竜の時代に戻れるものならすぐ戻ってみたい。

理由は2つある。
1つ目は子供の頃から恐竜が吼えたと信じたからだ。それはなぜかと言うと色々な映画から影響を受けたからだ。映画「ジュラシックパーク」は皆よく知っているに違いない。後は「リトルフット」と言うノルウェーでは有名な恐竜なアニメもある。

2つ目はこのテーマについてたくさん研究があることだ。研究によって理論はちょっと変わっている。恐竜が吼えたかだけではなくて恐竜の全てのことについて何が本当かどうか誰もはっきり分からないのではないだろうか。例えば、恐竜の色はもとより吼えたかも知らないだろう。

以上のような理由で私は恐竜が吼えたと思う。

IMG_1353

Signatur

意見文: シベリア鉄道

シベリア鉄道

もし日本からヨーロッパまで行くなら飛行機に乗りたい。

理由は2つある。
1つ目はあまりロシアと電車に興味がないこと。それにシベリアはちょっと詰まらない国だと思う。なぜなら、一年中シベリアは寒くてあまり見ることがないからだ。高校生の時私はクラスメートと一緒にロシアに遠足をした。ロシアが嫌い訳じゃないが、戻りたくないものだ。

2つ目は10日間が長過ぎだと思うからだ。今学生なのでそんなに長い休日を取るのは良くない。取れたら色々な所とことが見たいが、電車にずっと乗っているのは詰まらなくなるのではないだろうか。

以上のような理由で私は飛行機に乗りたい。

1450873_547969355286152_1730767551_n

Signatur

Ulricke Alette Mathisen

Nickname: Yuri
Born: 12th of April
Raised: Bergen
Currently living in: Tokyo
Social status: In a relationship
Occupation: Student

Hello and welcome to my blog. Here I will write various entries about my time when I lived in Japan, but also about my Norwegian life, thoughts and feelings. I’m will try to write most of my entries in Japanese as well as in English.

Follow me

Categories

Archives